備える.jp
サイトメニューサイト概要・お問合せ

東京防災に掲載されている空き缶&サラダ油ランプのテスト

最終更新日:

執筆者:高荷智也

こんにちは、備え・防災アドバイザーの高荷です。

防災の専門家が嫉妬する防災本、東京防災(あんなイイ感じの防災本をたった140円で売られたらたまらないですよね)に掲載されている、アルミ缶とサラダ油を使ったコンロのテストをしてみました。そのうち手作り防災コーナーに掲載しますが、まずは所感について。

レシピと作り方は東京防災準拠、ティッシュをこよりにして芯を作り、アルミ箔で巻いて固定して、サラダオイルを入れた空き缶に沈めて着火しました。芯が太いほど火力が強い、というのはおなじみツナ缶ランプで実証済みでしたので、芯の太さを大小2タイプで変えて試してみました。

太い芯(1本ティッシュ半分)

細い芯(1本テッシュ1/4)

こんな感じです。最初は激しく燃えてススが凄いですが、先端が炭化して落ち着くと火力が落ち着き、ススも見た目は減ります。太い芯で試した方は、10分ほど燃やし続けたところ巻が異常に加熱し、気泡が立ち上り始め、カタカタと怪しい音がし始めましたので終了。

火力が強すぎて油の温度が上がりすぎたのでしょうか、缶も手で触れられない熱さになっていたので注意が必要です。細い芯で試した方は特に問題ありませんでしたが、火力が小さいため調理には時間がかかりそうな印象でした。次は湯沸かし時間などを比較してみます。

注意

この手の火遊びは、かならず厳重な消火の準備をして、周囲に燃える物がない場所で行いましょう。消火器、水で浸したバスタオルなどが必須です。可能であれば引火物のない広い屋外で行うとよいでしょう。

 

サイト管理者・執筆専門家

高荷智也(たかにともや)
  • ソナエルワークス代表
  • 高荷智也Tomoya Takani
  • 備え・防災アドバイザー
    BCP策定アドバイザー

新着のブログ記事

ブログカテゴリ

ブログアーカイブ

備える.jp 新着記事