備える.jp
サイトメニューサイト概要・お問合せ

大吊り橋以外の展望台スポット[三島スカイウォーク]

最終更新日:

執筆者:高荷智也

三島スカイウォークのビューポイントはもちろん吊り橋、ですが展望台も整備されており、それぞれ特徴のある景色が楽しめます。

大吊り橋以外の展望台スポット[三島スカイウォーク]

大吊り橋の入口前広場(展望台)

 三島スカイウォーク最大のビュースポットはもちろん400mの吊り橋そのものですが、実は橋以外にもあちこちに展望台が用意されており、様々な永観が楽しめます。吊り橋からは景色が綺麗に見えますが、橋から橋そのものは見えませんので、橋を含む景色を眺めたり写真を撮りたい場合は、これらの展望台を利用するとよいでしょう。

 なお、橋を含めて景色が楽しめる展望台は全て有料ゲートの先に設置されています(そりゃそうですよね…)。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのメイン展望台写真

 まず最初の展望台は、橋の入口前広場です。ここが一番広くて賑わっています。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのメイン展望台オブジェ写真

 広場にはこんなオブジェが置いてありますので、記念写真にぜひどうぞ。ただし子供がいる場合絶好の遊具にされてしまいますのでご注意ください。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのメイン展望台日付入りオブジェ写真

 またこんな記念プレートも置いてあります。橋をバックにいい感じの集合写真が撮れますよ。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのメイン展望台からの眺望と解説看板写真

 入口前広場から見る眺望はこんな感じ、晴れていれば富士山や駿河湾、三島や沼津の街並みが見下ろせる絶景です(なお見られる眺望についてはどの展望台も同じようなものですが)。

大吊り橋の入口前広場、の上にある展望台

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのメイン展望台から上に上がる展望台階段写真

 吊り橋の入口前広場には、一段高い展望台も用意されています(ここには車いすでは上がれません)。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのメイン展望台の上の展望台から見下ろした風景写真

 ここからは入口前広場を含んだ景色が楽しめます。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのメイン展望台の上の展望台のさらに上に上がる階段の写真

 またこれからさらに拡張工事が予定されているのか、この展望台のさらに上に上がる作りかけの階段もありました、今後が楽しみですね(ただの作業用だったらごめんなさい)。

橋を渡った先のエリアにある”アンカレイジ”展望台

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのアンカレイジ展望台広場の写真

 橋を渡るとこのような広場になっており、その奥には小さな展望台が設置してあります。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークのアンカレイジ展望台全景写真

 これは、吊り橋のメインケーブルの橋を固定するための土台「アンカレイジ」を利用した小さな展望台です。この土台の下には直径1.8m・長さ20.5mの杭が12本、地下の岩盤まで打たれていて、800トンにもなるケーブルの引張り力をささえているのだそうです。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークの正面写真

 この展望台、高さは低いのですが、橋のケーブルを支えているという特性上、もちろん橋の正面に位置しています。そのためこの写真のように、吊り橋を真っ正面から眺める抜群のスポットになっているのです。記念写真を撮っている方も多くいました。

大吊り橋の入口前広場、の上にある展望台

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークの最長点展望台写真

 アンカレイジ展望台がある広場から、kicoroの森を抜けていった先には、施設内で最も標高が高い大きな展望台があります(kicoroの森を超えなくてもたどり着けるのですが)。写真で見ての通り、展望台の真下までは車いすで上がれますが、その先は階段しかありません。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークの最長点展望台の様子写真

 このように広々とした展望台になっています。

箱根西麓三島大吊り橋・みしまスカイウォークの最長点展望台から見た吊り橋の全景写真

 この展望台からは、橋を含めた景色が広々と楽しめます。西は伊豆半島から正面に駿河湾、東は愛鷹山と富士山が、”晴れていれば”楽しめますよ。

サイト管理者・執筆専門家

高荷智也(たかにともや)
  • ソナエルワークス代表
  • 高荷智也Tomoya Takani
  • 備え・防災アドバイザー
    BCP策定アドバイザー

関連テーマ一覧

  1. [防災番外編]伊豆・箱根の観光地、超詳細情報
  2. 箱根西麓三島大吊り橋・三島スカイウォークの超詳細情報

備える.jp 新着記事