備える.jp
サイトメニューサイト概要・お問合せ

ハクキンカイロを防災に活用する利点と欠点

最終更新日:

執筆者:高荷智也

冬場の防寒対策として使い捨てカイロの備蓄は有効ですが、ではこれをハクキンカイロに置き換えるメリットはあるのでしょうか。ハクキンカイロの利点はなんといっても発熱量大きさです。寒冷地向けの防災グッズとしては優れていますが、温暖地には不要です。

ハクキンカイロを防災に活用する利点と欠点

改めて、ハクキンカイロのスペックと特徴を振り返る

ハクキンカイロ(レギュラータイプ)の防災的な仕様と特徴

  • 最大24時間発熱が続く(外気温0度の場合)
  • マイナス40℃まで利用可能
  • 燃料はベンジン(タンク容量25ml・1h/1ml)
  • 利用開始時にはマッチやライターによる点火が必要 

ハクキンカイロが防災的に役立ちそうな点・メリット

防寒・寒さ対策に役立つという点

 ハクキンカイロ特有の利点というよりは、他のカイロ(使い捨てカイロ・電池式カイロ)にも共通する利点ですが、特に冬場や寒冷地における非常時対応において、体を暖めるということは重要な備えになりますので、安全に暖が取れるカイロは便利なアイテムといえます。 

高温の発熱が長時間、最後まで続くという点

 ハクキンカイロは使い捨てカイロと比較して高温で、長時間にわたり一定の温度を保ち続けることができる利点があります。寒い避難所や屋外など、使い捨てカイロでは暖かさが足りないような場所での利用、暖房器具がなく1日中カイロを使い続けたい場所での利用などに適しています。 

タバコを吸わない家庭が着火器を持つきっかけになる点

 タバコを吸う人であれば必ず持っているマッチやライターですが、タバコを吸わない人や喫煙者がいない家庭の場合、マッチやライターと言った着火器が全くない場合があります。さらにキッチンのコンロがガスコンロではなくIHヒーターの場合、火をつける手段が皆無という場合もあり得ます。 

非常時には、ロウソクへの着火やたき火の点火などで裸火が必要になる場合がありますが、ハクキンカイロを使用するためにはマッチやライターが必須であるため、家族が全員タバコを吸わないような家庭の場合も、着火器を保持するきっかけになるという利点があります。が、これはデメリットでもあるため、後述の解説をご覧ください。 

燃料をオイルライター(ZIPPO)と共用できる点

 ハクキンカイロの燃料であるベンジンは、ZIPPO(ジッポー)などのオイルライターと燃料が同じですので、双方を共用できるという利点があります。非常時には「ワンアイテム・マルチユース(使い回し)」のできる防災グッズが役立ちますので、利点となります。 

鏡として利用ができる点

 無理矢理間がありますが、ハクキンカイロは表面が鏡面仕上げの真鍮製であり、鏡として利用ができるほどピカピカしています。本体が丸くなっているのでややゆがんで映りますが、避難所などで鏡が手に入らない場合、代用品として使うことが…できるかもしれません。 

ハクキンカイロの表面は鏡面仕上げの真鍮製 ものすごくピカピカで写りこんでいます。鏡代わりにもなります。

防災的に見てハクキンカイロが不便である点・デメリット

燃料が必要であり手間がかかる点

 ハクキンカイロ最大のデメリットは、利用に手間がかかるという点です。利用開始時にかならずベンジンを補給しなければ使えないため、必要な時にパパッと準備をして使い始めるということができません。また燃料が手に入らない場合はオシャレな文鎮になってしまう点もマイナスです。 

利用開始時に火気が必須である点

 ハクキンカイロは利用開始時に火口をマッチやライターで加熱しなければなりませんので、火器がなければ使い始めることができません。また大地震時などは粉塵が立ちこめていたり、余震の恐れがあるため火器厳禁となりますので、これも使いづらい点といえます。 

防災的に見てハクキンカイロは備蓄すべきグッズかどうか

寒冷地であれば備蓄の価値あり

 ハクキンカイロは発熱量が大きいため、冬場の最高気温が氷点下になるような地域の場合は、防災グッズのひとつとして備蓄をするのもありえます。ただ、専用品にしてしまうのはコストパフォーマンスに優れませんので、普段から使っておき、燃料も多めに用意しておき、非常時にも利用できるようにしておくというのがよい使い方です。 

温暖な地域の場合は使い捨てカイロの方がよい

 逆に、ハクキンカイロの発熱量が生かせない地域の場合、使い捨てカイロで十分であると考えられます。防災リュックの中に、わざわざハクキンカイロとかさばる燃料を入れておくくらいならば、使い捨てカイロを何枚か入れておいた方がよいでしょう。温暖な地域の場合ハクキンカイロの発熱量はややオーバースペック気味であるといえます。

サイト管理者・執筆専門家

高荷智也(たかにともや)
  • ソナエルワークス代表
  • 高荷智也Tomoya Takani
  • 備え・防災アドバイザー
    BCP策定アドバイザー

関連テーマ一覧

  1. 防災グッズ - 防災用品と備えの方法
  2. 防寒対策・寒さ対策用グッズ
  3. ハクキンカイロ

備える.jp 新着記事