備える.jp
サイトメニューサイト概要・お問合せ

ビニール袋とタオルで、おむつの作り方

最終更新日:

執筆者:高荷智也

災害や外出時、赤ちゃんのおむつが不足すると大変困ります。スーパーのビニール袋とタオルがあれば、簡易おむつがすぐ作れます。詳しい作成の手順をご紹介します。

ビニール袋とタオルで、おむつの作り方

簡易用おむつの作り方

  • 材料(おむつ1回分辺り)
    • 持ち手付きのビニール袋1枚
    • タオル1枚
  • 道具
    • ハサミ1個
簡易おむつの材料と道具

写真1:簡易おむつの材料と道具

簡易おむつを作る

ビニール袋をタテに裂く

まずビニール袋を縦に裂きます。2つの持ち手を切り開き、次に袋の左右のタテ面を一番下まで切り開きます。

ビニール袋をタテに裂く

写真2:ビニール袋をタテに裂く

ビニールにタオルを敷く

ビニール袋を切ったら、赤ちゃんのおしりを置くところにタオルを敷きます。

ビニールにタオルを敷く

写真3:ビニールにタオルを敷く

簡易おむつを赤ちゃんにはかせる

おしりにおむつをあてる

タオルを敷いたおむつに赤ちゃんのおしりをあって、場所を決めてください。

おしりにおむつをあてる

写真4:おしりにおむつをあてる

おむつの大きさを調整する

おなかに当たる部分のビニール袋を、外側にくるくる巻いて大きさを調整します。できればおなかに接する部分までタオルを伸ばしてあげると、かぶれにくくなります。

おむつの大きさを調整する

写真5:おむつの大きさを調整する

ヒモを結んで固定する

おむつの大きさを調整したら、持ち手の部分を横で結んで固定します。

ヒモを結んで固定する

写真6:ヒモを結んで固定する

簡易おむつの完成

前後の位置を調整する

これで完成です。男の子であればタオルをやや前側に、女の子であればタオルをやや後ろ側にすると良いでしょう。

前後の位置を調整する

写真7:前後の位置を調整する

タオルはまめに交換する

災害時には難しいのですが、タオルは汚れたらすぐ交換してあげてください。洗って干せば繰り返し使えます。またビニール袋も汚れたら洗うことで繰り返し利用できます。

タオルはまめに交換する

写真8:タオルはまめに交換する

注意事項

おむつはあくまでも簡易用

このおむつはあくまでも簡易用です。横漏れなども生じますので注意してください。また通気性が悪いため、適度におしりを外気に当てるなどして、ムレやカブレを防ぎましょう。

なお大きめのビニール袋を用いれば、介護用の簡易おむつや、女性の生理用品としても用いることができますが、わざわざそれようにビニールとタオルを用意するのではなく、最初から介護おむつや生理用品を準備しておくようにしましょう。

サイト管理者・執筆専門家

高荷智也(たかにともや)
  • ソナエルワークス代表
  • 高荷智也Tomoya Takani
  • 備え・防災アドバイザー
    BCP策定アドバイザー

関連テーマ一覧

  1. 防災グッズ - 防災用品と備えの方法
  2. 身近な日用品で、簡単手作り防災グッズ
  3. 非常時に使える!ベビー用品の手作りレシピ集

備える.jp 新着記事