備える.jp
サイトメニュー仕事依頼・お問合せ

Voicyそなえるらじお #866 災害避難は両手を開ける、傘よりカッパがオススメ…の落とし穴

最終更新日:

執筆者:高荷智也

Voicyそなえるらじお #866 災害避難は両手を開ける、傘よりカッパがオススメ…の落とし穴

おはようございます!備え・防災アドバイザー高荷智也がお送りする「死なない防災・そなえるらじお」、6月11日(火)、本日も備えて参りましょう!

両手をあけよう

本日のテーマは「」のお話です。

梅雨入りが遅れています。先日6月8日に九州南部が平年より9日遅れで梅雨入り、6月9日に四国が平年より4日遅く梅雨入りしました。九州の北部から関東にかけては、今週末頃から梅雨入りの可能性があると報じられていますが、いずれも平年より遅い梅雨入りとなりそうです。

梅雨の雨と言えば雨具ですが、本日6月11日は「傘の日」です。傘の日は、日本洋傘振興協議会が、平成元年・1989年に制定した記念日です。毎年6月11日前後に、梅雨入りの時期を示す「雑節」、「入梅(にゅうばい)」の日が該当することが、傘の日の由来と言うことです。

ちなみに雑節というのは、二十四節気などとあわせて使われる暦の目安で、例えば節分、彼岸、土用、八十八夜なども雑節のひとつです。季節の移り変わりが死滅しつつある昨今、大切にしたい暦のひとつですね。

防災と傘

  • 防災リュックに雨具は必須、凍死の恐れがある。
  • 災害時は両手をあけたほうがよいので、傘よりはレインウェアが望ましい。
  • ライトを準備する場合も、ハンドライトよりヘッドライトやネックライトが推奨。
  • ただ、これはあくまでも周囲がメチャクチャな状況になっている場合に必要な行為で、例えば台風や大雨の事前避難時であれば、傘を使うことに問題はありません。また避難所での目隠しにもなりますので、軽量な折りたたみ傘を防災用品や、日々の持ち歩き用品に追加するのは悪い選択肢ではないと思います。
  • 防災用品=傘はNGではなく、両手をあけないと危ない状況においては、両手をあけた方がよいという考え方が重要です。

本日も、ご安全に!

本日は「」のお話でした。

それでは皆さま、引き続き、ご安全に!

サイト管理者・執筆専門家

高荷智也(たかにともや)
  • ソナエルワークス代表
  • 高荷智也TAKANI Tomoya
  • 備え・防災アドバイザー
    BCP策定アドバイザー

新着のブログ記事

ブログカテゴリ

備える.jp 新着記事