備える.jp
サイトメニュー仕事依頼・お問合せ

袋にそのままお米や食品を入れても大丈夫?

最終更新日:

執筆者:高荷智也

「そなえるすとあ」で販売されている「無酸素保存」セット、ガスバリア袋「虫キラー」脱酸素剤「エージレス®」について、よくある質問と回答をまとめました。

Q.袋にそのままお米や食品を入れても大丈夫ですか?

A.問題ありません、食品が触れても問題ない作りになっています。

チャック袋を製造しているのは、愛知県にある袋メーカーで、全て国産品です。製品はクリーンルームで製造されており、滑りをよくする薬剤やパウダーなども着いておりませんので、玄米やお米などの食品、衣類、精密機器などをそのまま入れても問題ございません。

内袋を用いた方が、袋を長持ちさせられます

脱酸素剤は使い捨てですが、チャック袋は穴が開いたりチャックが歪むなどするまで、何度でも反復利用が可能です。この際には、できるだけ袋にキズを付けないように使用することがポイントとなります。

玄米やお米を直接チャック袋へ入れると、お米の尖った先端が袋に「ギュッ」っと押しつけられます。これだけで穴が開くことはありませんが、この状態で長期間保管を行い、外側から圧力が加わると、袋の耐久性は低くなっていきます。

そのため、何かしらの内袋に玄米やお米、保存したいものを入れてから、チャック袋へ入れていただくのがおすすめです。内袋の素材はお店で売っているポリ袋・紙袋など、清潔なモノであればなんでも構いません。

脱酸素剤も食品に触れて大丈夫ですが、気になる場合は内袋を

当店販売の脱酸素剤(エージレス®)を用いる場合は、そのまま食品にふれても大丈夫です。使い捨てカイロを使う場合も、お米などにふれても問題はありませんが、気になる場合は前述の内袋を用いて、食品は内袋の中に、脱酸素剤は内袋の外になるようにするとよいでしょう。

サイト管理者・執筆専門家

高荷智也(たかにともや)
  • ソナエルワークス代表
  • 高荷智也TAKANI Tomoya
  • 備え・防災アドバイザー
    BCP策定アドバイザー

関連テーマ一覧

  1. 防災グッズ - 防災用品と備えの方法
  2. 脱酸素保存用「ガスバリア袋・脱酸素剤」の詳細
  3. 「虫キラー」「脱酸素剤」よくある質問と回答

備える.jp 新着記事