備える.jp
サイトメニューサイト概要・お問合せ

浸水開始後にできる事後対策・洪水時の避難のポイント

初回投稿日:

最終更新日:

執筆者:高荷智也

河川洪水など大規模な氾濫がはじまってからできることはあまりありませんが、小規模浸水時であれば排水溝の閉鎖などが有効です。また周囲が水没してから徒歩で避難することは困難であるため、浸水がはじまる前に避難行動を開始することが重要です。

浸水がはじまった直後にできること

トイレ・風呂場・台所・洗面所などの排水溝を閉鎖する

 標高が相対的に低い地域の場合、大雨が降ると下水道が溢れ、自宅の排水ができなくなります。さらに水位が上がると、汚水が排水溝から逆流してくることもあります。配水管は下水からの臭気の逆流を防ぐため「S字」のトラップに水がたまっていますが、周囲が浸水して下水の水位が上昇すると、下水管の中の空気が押されて自宅の排水溝からまず空気が逆流してきます。

 大雨のときに自宅のトイレなどが「ゴポォ!ゴポゴポォッ!」と音を立て始めたら、水が逆流してくる予兆である可能性があります。汚水が溢れてくる場合は、ゴミ袋を使った「水のう」などを用いて排水溝をふさぎます。ゴミ袋に水を入れて口をしばり、トイレの便器の中、風呂場の排水トラップの中、台所や洗面所の洗面台、洗濯機の排水溝などの真上に置きます。床上浸水するほどの洪水時には意味が無くなりますが、小規模な浸水時には効果があります。

家具や家電、荷物などの家財を2階などへ移動させる

 自宅の1階(あるいは地下室やガレージ)の浸水が免れない状況になったら、水につかる恐れがある場所にある家財を、2階など高い場所へ移動させます。家具・家電・生活用品、また畳なども外して移動ができるのであれば待避させます。浸水に気づいてから対応をはじめたのでは時間がほとんどないため、濡れては困る物(といっても、濡れて良い物などほとんどないと思いますが…)、重要な物から待避させます。

避難をする

 すでに浸水がはじまっている場合、屋外の避難場所への徒歩移動は困難です。後述しますが、水深が膝上になっている場合はまともに歩くことはできません。このような場合は、自宅の2階などへの「垂直避難」を行い、水が引くのを待つか、救助を求めることになります。

浸水時に避難をする際の注意点とポイント

水深が50センチを超えると移動困難、できるだけ早目の避難を

 浸水被害時に避難をする際には、とにかく「早く行動を開始」することが何よりも重要です。浸水害が発生すると時間がたつほどに水かさが増し、移動が困難になります。成人男性であっても、水深が50センチ(膝だけ程度)を超えると歩行が困難になります(流速が2m/sの場合)。高齢女性であればせいぜい30センチです。この水深を超えるとまともに移動することが難しくなるため、徒歩での避難は不可能となります。

 また浸水災害時には下水道から汚水が溢れてくるため、水につかることは感染症のリスクを高めることになります。さらに冬場の場合などに水に濡れてしまうと、低体温症のリスクが高まるため、できるだけ水に濡れないように移動することが重要です。水に濡れないためには膝丈の長靴を履く必要がありますが(釣りの際に着用する「ウェーダー」などの防水スーツがあれば有効ですが、家族全員分がそろっている家庭は少数ですよね…)、膝だけの長靴が浸水する水深になっている場合は、そもそも歩行が困難ですので、徒歩での避難はやはり難しいと言えます。

『参考サイト:NHKそなえる防災』

屋外への避難が間に合わない場合は自宅の2階などへ「垂直避難」する

 すでに屋外の浸水がはじまっており、さらに水かさが増しているような状況では、徒歩での避難はほとんど手遅れになりつつあります。特に子供や高齢者、またペットなどがいる家庭の場合は、無理に徒歩避難をすることでかえって危険な状況になりかねませんので、この場合は自宅の2階以上のフロアへ避難することになります。

 ※平屋の場合は屋根に上がるしかありませんが、移動困難な高齢者が屋根に上がれるのか?という疑問が湧きますよね。はい、無理です。ですから、そもそも歩くのが困難な家族(災害弱者)がいる場合は、浸水がはじまる前に(さらに言えば大雨が降り始める前に)避難場所へ移動しなければならないのです。

どうしても水中を移動する場合は、足下に細心の注意を払う

 浸水した道路を移動せざるを得ない場合は、足下に注意しながら移動をします。洪水発生時は水が濁っているため地面が見えず、さらに周囲から様々なものが流れてきているため、足下にどんな危険なものが転がっているか分かりません。鋭利な物を踏み抜いて足の裏をケガしないように、頑丈な靴を履くか、踏み抜き防止インソールなどを入れておく必要があります。

 また下水道のマンホールや側溝のフタが外れている場合があり、ここに転落(水没というべきでしょうか)すると溺死する恐れがあります。杖や登山用のステッキ、長い棒をつかって足下を確認しながら進む必要があります。また下水道(特に合流式)から水が溢れてくると、汚水が街中に溢れることになりますので感染症などの対策も必要になります(欲に足に傷口がある状態で水につからないようにする)。

荷物は最小限にして両手を開ける

 水没した道路を移動する場合、荷物が多いとバランスを崩して転倒します。また両手を開けておかなければやはりバランスを崩しやすくなるため、リュックなどに荷物をまとめて、両手を空けて避難します。大雨が続いている場合は傘ではなくレインコートを上下着用、リュックにはレインカバー(なければゴミ袋でも良い)をかぶせて防水対策。夜間であれば手に持つLEDライトではなくヘッドライト(というか、そもそも夜間の水中移動は自殺行為なのでNG)にしてください。

移動時は防水を徹底、移動後に備えた着替えと防寒用品も必須

 水に濡れると感染症のリスクが高まるほか、急激に体温が低下するため冬場などは最悪の場合命に関わります。移動する際には上下にレインウェアを着るなど防水を徹底してください。また安全な避難場所へたどり着いたら、すぐに身体を拭いて暖かい格好をしなければなりません。リュックの中には、身体を拭くためのタオル、全身の着替え、暖を取るための使い捨てカイロ、身体に巻くための毛布やブランケットを入れておきます。

 ※なのですが、いわゆる大判毛布を背負っていくことは現実的ではありません。薄い膝掛け、アルミブランケット、バスタオル程度が現実的には限界でしょうか。またリュックの中に入れる物は個別にパッキングして、水濡れ対策も厳重に行ってください。

浸水避難時にはひざ丈のロング長靴がよい

 「濡れない程度深さ」の街中を徒歩で避難する場合は、長靴が最適です。丈が短い場合すぐに水が入ってきてしまいますので、できるだけ長い、膝だけのロング長靴がベストです。「洪水避難時には長靴ではなくスニーカーを履くべき」という指摘もありますが、これは相当な極限状況に限ってのアドバイス。「長靴が水没するほどに浸水した中を、徒歩で避難する際は脱げづらい靴を履くべき」ということですから、長靴が水没しない水深であれば、長靴でよいのです。

 一方、長靴が水没するほどの水深になっている場合は、すでに歩行することが困難な状況ですから、そもそも徒歩避難を諦めるべきなのです。長靴が使えない状況の中をどうしても移動しなければならない場合は、転倒を防ぐためにできるだけ靴底の溝が深い(できればブロックパターンが刻まれた)靴を選び、普段よりもヒモを堅く締め上げて、そして避難先で足を拭くタオルと着替えの靴下や靴を持って、慎重に移動してください。

サイト管理者・執筆専門家

高荷智也(たかにともや)
  • ソナエルワークス代表
  • 高荷智也Tomoya Takani
  • 備え・防災アドバイザー
    BCP策定アドバイザー

関連テーマ一覧

  1. 災害とリスク- 危機の対象を知る
  2. 浸水害(河川洪水・内水氾濫)対策
  3. 浸水害対策の注意とポイント

備える.jp 新着記事